初めてのカラコン装着についての感想

眼科にて、初めて近眼用の度数のついたカラーコンタクトレンズを購入しました。
近眼でドライアイなこともあり、コンタクトレンズ購入にあたって数年間悩みました。
さまざまな情報を見て聞いて知り、本当に自分に使いきれるのだろうか。
そんな不安もありましたが、近年のカラコンの変化や安価や良品の多さ、品質の向上安定なことを知り、眼科にて相談をしてとりあえず通常のコンタクトレンズ装着をお試ししてみました。
初めてなので目を開けたまま装着が怖かったけれど着けてみて、とてもしっくり来るのがわかり驚きました。
装着時は鏡を見ずに、目に入れた感触や横や上下に目を向けただけの確認でした。
それを数回行い扱いに慣れた後に、今度は本番のカラコン装着へと向かいました。
数回練習の後なのでスムーズに装着でき、異物感も勿論なく、自分の姿を見るために鏡をお借りして、改めて濃いめのブラウンのカラコンを装着した自分の姿を見つめました。
自分の目がはっきりと大きくなった感じなのと、あとコンタクトを入れた黒目がくっきり鮮やかにクリアに見えました。
人によってカラコンを着けた目の見せ方が違うというのにも驚きばかりです。
お手入れも簡単にできて、細かい動作もなく、安価で手に入るカラコンは数種類持って使い分けても楽しめますよね。